スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - |
    人間失格
    0
      JUGEMテーマ:読書感想文
       
      とうとう読みました.

      人間失格   太宰治   新潮社

      これはすごいですね.

      読むのがちょっとしんどかったです.



      正直感想とか書けないです.

      荷が重いです.

      考えさせられることが多すぎます.

      生き方を再考させられます.

      自分の人生で太宰と重なっているところがあります.

      多かれ少なかれ誰しもあることかもしれませんが.


      それでも自分の人生これでいいのか,と思い

      もしかしたら自分は将来

      大罪を犯してしまうのではないか,という不安に駆られ

      法的に罰せられるものではないにしろ

      今までにどれだけの罪を犯してきたのだろう,と

      自らを蔑む


      そんな内容でした.


      私は読んで良かったと思いましたが

      人に薦める自信はありませんし

      責任もとれません.



      前々から読みたいと思っていて

      今日買ってすぐに読了した,という

      読み方でしたが


      私の精神状態がどこかの風のうわさで聞いていた

      人間失格の内容を思い出して

      それを求めてしまったのかもしれません.


      カテゴリ:レビュー | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
      リアル鬼ごっこ
      0
        JUGEMテーマ:読書感想文 

        山田悠介氏の

        リアル鬼ごっこ 文芸社

        を読みました。

        少し古い本です、今更です。


        いろいろなところでたたかれているこの作品。

        確かに、たたかれるだけの文章ではある、と感じました。

        表現がおかしな部分もあるし、稚拙に感じる。


        設定自体にも無理があると言うか

        西暦3000年頃の(おそらく)日本なのだが

        無理がある。

        もう少し練れたのでは、と言う感じ。


        結末も予想の範疇。





        ところでこの作品、映画になったんですっけ??

        確かに、映像化したらおもしろくなりそうな話ではあります。

        バトルロワイヤル的な??

        まぁどちらも見てないのでなんともいえませんが。笑


        文量はあまりないからすぐ読めると言うところが救いでしょうか。

        たまにはこういう本もありますよね。
        カテゴリ:レビュー | 04:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
        ゲームの名は誘拐
        0
          JUGEMテーマ:オススメの本
            かわった、タイトルだな

          と思っていましたが

          まさにその名の通りの内容。

          この本を映像化したものが

          かの有名な「g@me」と言う映画ですが

          僕としてはタイトルは原作のままが良かったのでは、と言う気がしています。



          東野作品を読んでよく思うのですが

          登場人物の頭が良すぎるんです。

          すごいです。


          これは映画よりも原作のほうが強く感じた気がしますが。




          いかにして狂言誘拐を成功させるか

          という内容ですが

          それだけではなかったですね。

          むしろ誘拐が成功した後が重要でした。

          まさにどんでん返しです。

          と、あまり書くとネタバレになりそうなので書きませんが

          よく考えられていて良かったです。


          僕は、ミステリーとか手品とかそういったものは

          純粋に楽しみたいのタイプなので

          変に疑ってかかったりしません。

          タネを明かしてやろう

          と意気込んでみることもないし(そりゃあ少しは考えますけどね)

          どうなるんだろう、わくわく!!!

          と言う気持ちで見ています。



          だから大抵はとても驚くし

          ときには感動するし

          だからとても楽しい。


          人によって楽しみ方はいろいろかもしれませんが

          僕はそういう楽しみ方が好きですね。

          カテゴリ:レビュー | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
          ぼくと1ルピーの神様
          0
            JUGEMテーマ:オススメの本

            「ぼくと1ルピーの神様」  講談社

            と言う本を読みました


            なかなかにおもしろかったです。


            インドの少年が本当に波乱万丈な生活を通して
            (そしておそらくはそれに近しい生活を送っている少年がインドにはいる)

            多くのことを経験し、学び


            そして史上最高額のクイズ番組に出場するというお話です



            彼のそばにはいつも

            幸運の1ルピーのコインがありました


            彼は迷った時はコインを投げます


            そうしてそれまでの人生を歩んできたのです

            でも、本当にそれは運まかせだったのでしょうか


            クイズ番組に出場できたこと

            ただの孤児だった少年がクイズに正解できたことすらも

            幸運だったということなのでしょうか


            自分に起こったことが

            幸運だったと考えるか

            必然だったと考えるかは

            その人の自由です




            でも、私はできれば

            自分の手で運命をひきよせたい
            カテゴリ:レビュー | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
            ポーションです
            0
               先日、某大手コンビニエンスストアにて

              Final Fantasyのポーションを買いました。

              200円でした。



              高くね!?


              味はというと

              まぁ体力が回復する感じかといえば

              否。

              でも、ポーションだと思えば

              ハイポーションやエクスポーションではなく

              ポーションなんだ、と


              序盤に出てくる

              回復量も微々たる

              あの

              ポーションだと思えば

              ぎりぎりセーフか。

              それくらいの回復量はあるかも知れません。


              ちなみにパッケージもいろいろあって

              レジ前にしゃがみこむ形で5分ほど物色。


              悩んだ挙句に4に出てくる

              セシルとゴルベーザの兄弟缶を購入。

              しかし、あの絵は誰が書いてるんだろう。

              天野さんではなさそうだけど。




              因みに、色を確認するのを忘れてしまうと言う失態。

              でも、原材料に

              着色料(赤40、青1)

              とかいてあるから

              まぁ人工的な(おそらくは青い)色をしていることでしょう。

              ああ、フラスコ買ってきて入れたいなぁ。

              カテゴリ:レビュー | 22:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
              | 1/1PAGES |