<< 思考するとは | main | ExcelVBAの勉強 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - |
    ノートPCセットアップ
    0
      lenovo E440 なるノートPCを購入した。
      セットアップに意外と手間取ったので,メモを残しておくことにする。


      1.windowsUpdateをただひたすらに実行。

      2.とりあえずリカバリメディアを作成。
      →エディオンで16GBのUSBを購入

      3.androidアプリの開発環境を構築(やったことないけどがんばる)
      →JDKをインストール(最新版は8だが,新しいのはやめとけというweb上でのアドバイスが散見されたので7にしておく)
      →Eclipseをインストールしようと思ったが,androidの開発環境にはandroidstudioなるものが推奨されるらしく(今後はそちらが主流になっていく?まだまだベータ版のよう)そちらをインストール
      参考:http://www.slideshare.net/ueponx/android-38074699

      4.授業とかでいろいろ使えるものはないかなぁということと,linuxの勉強をしてみたいなぁという,あこがれから仮想環境にlinuxをknoopix/Mathをインストールしようとするが見つからず。。。。?
      と思っていたら,ずいぶん前にknoopix/MathはMathLibreなるDebianベースのものに変更されていたのでそちらを導入。
      公式っぽいwebページがなぜか閲覧できず,いろいろさまよっていると,東大の授業のページを見つけたのでそちらを参考にしました。ありがとうございます。
      参考:https://sites.google.com/site/keisansugaku/home

      5.virtualBoxを使うのも良い,とか書いてあったのでいろいろ試してみたがうまくいかないので,VmwarePlayerをインストールした。virtualBox用のファイルをを拡張子を.isoに変更しただけでOKだったことは大切な事実だ。

      6.Math/Libreをインストールするのに参考にしたのは以下。
      参考:http://www.infraeye.com/study/linux5.html

      7.ホストOSとゲストOS間の共有フォルダを作成するためにはVmwareToolsなるもののインストールが必要らしいのでそれもインストール。 ヘルプを参考にしましょう。
      VmwarePlayerのメニューから「vmware toolsのインストール」を選択するとでてくるポップアップからヘルプが見れるはず

      8.日本語入力設定はMathLibreにおいてはほぼ不要
      日本語入力に必要なプラグインはインストールが終わっていた(6のサイトがよかったのかな?)ので設定を変更するだけでOKでした。変更した設定は以下。
      IBUS(Inteligent Input Bus)の設定→インプットメソッドの設定→リスト内の優先順位をAnthyを先頭に変更

      とりあえず以上かなー。うろ覚えで書いたけどきっとこんな感じだ。

       
      カテゴリ:- | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 10:47 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://coffee-donut.jugem.jp/trackback/44
        トラックバック